テーマ:キビタキ

まだ暫くは滞在します キビタキ

繁殖期は過ぎたのでしょうか、さえずりはほとんど聞かれなくなりましたが、散歩しているとヒョコッと姿を見せます。メスは目立たないので気が付かないことが多いようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前姿と後姿 キビタキ

黄色と黒の対比が綺麗なキビタキです、カメラを向けてもすぐに探し出せますが、メスの方は木々にカモフラージュされて探すことしばしばです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつも悩む キビタキ

キビタキのオスはまず間違えません、メスはどうにも分かりません、目元や、胸回りなどを確認しますが自信が有りません、多分キビタキのメスだろうと思いますが、間違っていたらご教示ください。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

識別が難しい キビタキのメス

見かけた時はコサメビタキかと思いましたが、ベテランの方に相談するとキビタキのメスだと教えて頂きました。コサメやサメビタキでも難しいのに悩みますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識別に苦戦しました キビタキ

ヒタキ系はオスの特徴がしっかり出て来ますが、メスは難しいですね、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、それぞれの特徴はあるのでしょうが、羽根の白い部分がはっきりしているのでキビタキのメスのようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右むいて左むいて キビタキのメス

ロシュユやイヌザンショの木の近くに止まっている姿は三太郎には識別が難しいキビタキのメス、鳥友に教えて頂きました。右むいて、左むいて、暫くこの位置から離れませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼鳥は優しい顔ですね キビタキ

夏に入ると雛たちも大きくなり、自分で餌を探し飛び回る姿を見かけるようになります、今朝の公園でも数羽の姿が見られました、親の姿が一緒に見られれば名前も分かりますが、識別は難しいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいな声と姿は目立ちます キビタキ

何処で見かけても黄色い姿が輝いています、鳴き声には特徴が有りますから、すぐ分かりますが姿を探すのは大変ですね、三者三様のキビタキをまとめましたが、私自身がメスの姿を認識できません、紛らわしいの一言です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだまだ夏の代表の座は降りません キビタキ

夏を迎える前はキビタキのさえずりが盛んに聞こえ、きれいな姿を一生懸命に探しましたがなかなか見つからないのにイライラしたことがありました。子育てが始まると見かける機会が減り何処へ行ったかなと探すことも有りましたが、最近になって時折姿を見かけることが有りました、キビタキは健在健在、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢張り綺麗です、キビタキ

何処で撮っても、オレンジの姿はビューポイントですね、声を聞いて探すのはなかなか難しいキビタキ、きれいに撮れた時はうれしいですね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹幹に輝くオレンジは キビタキ

美声の持ち主としての代表はオオルリ、クロツグミ、そしてキビタキ、沢山の方々がその姿に夢中になりますね、そして鮮やかなオレンジはピカット光りますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て一生懸命です、キビタキ

メスの識別の難しい野鳥です、多分キビタキのお母さん、銜えているのはクモ?昆虫が飛んでくるとフライイングキャッチして元の木に戻る習性が有り識別のポイントの1つ、オスは鮮やかなオレンジが特徴です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more